圧倒的な授業時間と飛行時間で実戦力を身につける。 飛行実習18時間、安全運行管理者資格 i-construction対応、選べる週末コース、平日コース 圧倒的な授業時間と飛行時間で実戦力を身につける。飛行実習18時間、安全運行管理者資格 i-construction対応、選べる週末コース、平日コース
JUIDA認定スクール MoreMore 学校説明会はこちら学校説明会はこちら

当校が選ばれる理由Feature

操縦士・座学6時間、飛行実習18時間 安全運航管理・座学、i-construction対応

※JUIDA規定 座学6時間 飛行実習10時間

規定を大きく超える圧倒的な受講内容で 実戦力を養う。
操縦士・座学6時間、飛行実習18時間、安全運航管理・座学、i-construction対応 規定を大きく超える圧倒的な受講内容で

実践力を養う当校の強み

現役ドローンパイロットによる直接指導 飛行実習18時間

『日本ドローンアカデミー』は、安全・安心にドローンを運航する知識や技術はもちろんのこと、空撮などにおける、様々なノウハウを現役のドローンパイロットから直接教わることができる現場目線のドローン操縦者養成スクールです。

現場対応に必須とされる安全運航管理

無人航空機の運航に関わる十分な安全と法律の知識、並びに飛行業務の安全を管理する知識を学び、JUIDA安全運航管理者ライセンスを取得します。2017年11月現在、全国2795名が取得。操縦技能証明取得者の約9割の方が取得しております。そして、建設、土木現場に導入されるi-constructionについて学ぶ特別講座も用意。

選べる2つの週末コース&平日コース

日本ドローンアカデミーでは、短期集中5日間で学ぶ「平日コース」と、土日を利用して学ぶ「週末コース」を用意!どちらのコースも、飛行時間は同じですので、受講される方のスケジュールなどご都合に合わせてお選びいただけます。

実践力を養う当校の強み

現役ドローンパイロットによる直接指導 飛行実習18時間:『日本ドローンアカデミー』は、安全・安心にドローンを運航する知識や技術はもちろんのこと、空撮などにおける、様々なノウハウを現役のドローンパイロットから直接教わることができる現場目線のドローン操縦者養成スクールです。

現場対応に必須とされる安全運航管理:無人航空機の運航に関わる十分な安全と法律の知識、並びに飛行業務の安全を管理する知識を学び、JUIDA安全運航管理者ライセンスを取得します。2017年11月現在、全国2795名が取得。操縦技能証明取得者の約9割の方が取得しております。そして、建設、土木現場に導入されるi-constructionについて学ぶ特別講座も用意。

選べる2つの週末コース&平日コース:日本ドローンアカデミーでは、短期集中5日間で学ぶ「平日コース」と、土日を利用して学ぶ「週末コース」を用意!どちらのコースも、飛行時間は同じですので、受講される方のスケジュールなどご都合に合わせてお選びいただけます。

JUIDA(一般社団法人日本UAS産業振興協議会)認定スクールとは、無人航空機産業の健全な発展のために、無人航空機運航上の安全に関わる知識と高い操縦技能を有する人材を養成するものです。
当スクールを修了することで、JUIDA無人航空機操縦技能証明書が交付されます。

受講コースCourse

募集中のコースのカリキュラム、スケジュール、料金について

ドローン操縦士+安全運航管理者コース

無人航空機(ドローン)を安全に飛行させるための知識と操縦技能を身につけます。
あわせて無人航空機の運航に関わる十分な安全と法律の知識、並びに飛行業務の安全を管理する知識を学ぶことが出来ます。
そして、建設、土木現場に導入されるi-constructionについて学ぶ特別講座も用意。
※建設現場の生産性向上に向けて、測量・設計から、施工、さらに管理にいたる全プロセスにおいて 、情報化を前提とした新基準「i-Construction」を国土交通省が導入。
本コースを受講することで、修了者には、JUIDAが定める申請手続きを行えば、JUIDA『操縦技能証明書』および JUIDA『安全運航管理者証明証』が交付されます。

Curriculumカリキュラム

1コマ60分

操縦士・座学講習
操縦士・座学講習 無人航空機UAS概論 歴史・機種・飛行原理など 1コマ
関連法規・安全ガイドライン 航空法はじめ各種法律と安全ガイドライン 1コマ
自然科学 気象・電磁波 1コマ
技術 機体の構造・制御技術・GPS・通信 1コマ
安全運用 安全対策・点検・整備など 2コマ
操縦士・実習
操縦士・実習 屋内実習 GPSなしでの飛行実習 2日間
屋外実習 GPS援用での手動操縦と自動航行 1日間
安全運航管理・座学講習
安全運航管理・座学講習 安全の定義 機体の安全、操縦の安全、運用体制の安全 45分
航空の安全3原則 改正航空法の安全の考え方 45分
改正航空法に見る社会が許容するリスクレベル 飛行禁止空域、飛行の方法など 45分
安全管理者とは? 安全管理者が必要な理由と航空法的な事情 45分
3原則の中のリスク(ハザード)の把握・知識 要素技術・要素部品、気象、飛行原理由来などのリスクについて 45分
リスクに対する安全管理の手法 安全管理の仕組み、目的の明確化、目標設定など。 45分
i-construction特別講座 i-construction概要、ドローンの活用、使用ソフトなど 90分
試 験
試 験 【操縦士】筆記+実技
【安全運航管理者】筆記

・座学での教科書はJUIDAの提供する教材を使用します。
・座学講習はENBUゼミナールの教室を使用します。
・試験に合格し交付条件を満たしたものが、JUIDA証明証の申請を行えるものとします。

Scheduleスケジュール・料金

平日コース
1/31(水)10:00〜18:00操縦士・座学講習
2/1(木) 10:00〜17:00操縦士・屋内実技講習
2/2(金)10:00〜17:00操縦士・屋内実技講習
2/8(木)10:00〜17:00操縦士・屋外実技講習
2/9(金)10:30〜18:30安全運航管理・座学講習
週末コース
1/28(日)10:00〜18:00操縦士・座学講習
2/3(土)10:00〜17:00操縦士・屋内実技講習
2/4(日)10:00〜17:00操縦士・屋内実技講習
2/10(土)10:00〜17:00操縦士・屋外実技講習
2/11(日)10:30〜16:15安全運航管理・座学講習
週末コースの場合、安全運航管理・座学講習に含まれる「i-construction特別講座」は、平日コースと同じ2/9(金)10:30~12:00のスケジュールで受講、もしくは講座収録したものをご覧いただきます。
受講料 270,000円(税別)※受講料に含まれるもの:教科書、自宅練習用ミニドローン、筆記・実技試験料。
※実技講習用のドローンは全てこちらで用意いたしますので、購入やレンタルの必要はありません
ドローン操縦士+安全運航管理者コース受講のお申し込みはこちら

内容を十分に理解してから受講いただくために、
学校説明会のご参加をお勧めします

学校説明会Session

日 時

 

12月16日(土)10:30~12:00

12月20日(水)10:30~12:00

12月23日(土)10:30~12:00

12月25日(月)19:00~20:30

1月6日(土)10:30~12:00
1月10日(水)10:30~12:00
1月14日(日)10:30~12:00
1月17日(水)10:30~12:00
1月20日(土)10:30~12:00
1月24日(水)10:30~12:00

場 所

ENBU ゼミナール(東京都品川区西五反田 2-4-2 東海ビル4階)

お申し込みはこちら

授業・講師Information

基礎から応用、実習までの一貫した学習を通して
空撮をはじめとしたドローンの活用人材の養成します

安全運航

Knowledge

  • 安全ガイドライン
  • 関連法規
  • 機体の構造・原理
  • 安全対策
  • etc.

操縦技術

Technic

  • GPS なしでの操縦
  • GPS 援用での操縦
  • 緊急時の操作
  • 自動航行
  • 空撮技術
  • etc.

実務運用

Know-How

  • 飛行許可
  • 承認の申請
  • 機体の整備
  • 点検 実務運用
  • バッテリーの取扱
  • 映像編集
  • etc.

Training飛行実習

ドローンサーキットSPLASH

ドローンサーキット SPLASH

神奈川県横浜市青葉区奈良町 2057

空き倉庫を活用した常設の屋内練習場です。
天候に左右されることなく、マニュアルでの
実技講習を行うことができます。

SKY GAME SPLASH 写真

SKY GAME SPLASH

千葉県千葉市若葉区金親町 498

後半2日間の実技講習は千葉のサバイバルゲーム
フィールド内にある練習場で行います。
広い空の下、思い切り飛行を行うことができます。

空撮合宿 写真

空撮合宿

修了生の方を対象に1泊2日の空撮合宿を全国で企画いたします。場所はシーズンオフのスキー場や閉鎖中のゴルフ場などロケーションが素晴らしいところをご用意いたします。ロケハンからしっかり行い、イメージ通りの空撮映像を撮影するためのノウハウを実際に体験しながら学びます。

Teacher講師

空撮の現場で活躍する現役の空撮オペレーターに依頼しております。

  • 山崎 英紀

    D-REX (無人航空機災害時支援協力事業体) 代表  

    山崎 英紀

    報道カメラマンの世界で空撮のオペレーションを行う。
    飛行経験も豊富で若手カメラマンへの指導も行う。
    ドローン業界での幅広い人脈を持つ。
    ドローンレース ドバイ国際大会日本代表(チームFPVロボティクス)に参加。
  • 上川 正晴

    合同会社アサヒ空撮 代表  

    上川 正晴

    CMや企業のプロモーションビデオ、イベント映像、 音楽PVまで幅広く演出を担当、 現在も映像業界で活動する一方、2012年4月、フリーランスとして大型マルチコプターによる空撮を開始。2016年10月7日、合同会社アサヒ空撮を設立。映像制作のノウハウを生かし、クリエイティブな空撮を行う。
  • 吉田 直己

     

    吉田 直己

    2006年 日本ラジコン安全協会から表彰
    2007年 2度目の表彰
    2015年 EE東北’15UAV(マルチコプター)競技会[総合技術部門]で優勝
    MRHA-フライト審査員 取得
    日本航空協会 F3C 取得
    日本ラジコン安全協会 安全指導員及びインストラクター(飛行機・ヘリコプター・ドローン)取得

地方校のご紹介School

全国各地の日本ドローンアカデミーをご紹介します

日本ドローンアカデミー地方校

卒業後の業務支援After support

卒業生は「日本ドローンアカデミークラブ」に無料で入会いただけます。
身につけた空撮技術を活かす場や技術の向上を図る場を提供いたします。
また、そして卒業生が集い、楽しめるイベントやツアー企画などを提案します。

日本ドローンアカデミークラブ

卒業生は無料で入会できます

特典
1ドローンやカメラ操縦技術を磨くための
集会への参加
2関係会社や外部委託業務への
ドローンカメラマンとして登用
3会員によるドローン飛行ツアー
4会員によるドローン競技

提携人材派遣会社

その他、提携する外部人材派遣会社を通じて卒業後の活躍を支援します。

株式会社フィールドワークス
BizTouch