はじめてのドローン!選ぶポイントとおすすめメーカー

「ドローンを購入したいけど、どうやって選ぶの?」

「有名なドローンメーカーってどれ?」

ドローンに興味はあるが、何から手を付けたらよいか分からないという方も多いでしょう。そこで今回は、ドローンを選ぶポイントと、おすすめのドローンメーカーを紹介します。

ドローンを選ぶポイント

ドローンを購入する際には、まず種類を選択し、その後、用途に合った機能が付いた商品かどうかを判断するとよいでしょう。

ドローンの種類

ドローンは「トイドローン」と「空撮用ドローン」、そして「産業用ドローン」の大きく3種類に分けられます。

・トイドローン

トイドローンとは本体の重量が200g未満のドローンのことで、趣味で飛行や空撮を楽しむ方におすすめです。200g未満のドローンは国土交通省の許可や免許が必要ありません。そのため、気軽にドローンを始めたい方にも最適でしょう。

・空撮用ドローン

一方、本体の重量が200g以上でカメラが搭載されたドローンは空撮用ドローンと呼ばれています。カメラ付きのトイドローンも販売されていますが、空撮ドローンは高性能なカメラと通信距離が長いなど、プロユースな点が特徴です。業務で空撮を行う必要がある方は、空撮ドローンを選ぶと安心でしょう。

ただし、200g以上のドローンを使用する場合は、航空法の適用対象になるため、国土交通省の許可と指定された飛行ルールなどを事前に確認しておく必要がありますので、注意しましょう。

・産業用ドローン

最後に産業用ドローンとは、建築現場の点検や農薬散布など、企業などが実務で利用するドローンのことです。自立飛行など、業務効率化に寄与する機能を搭載しているため、近年導入する企業が増えています。

ドローンの機能

ドローンの用途に応じて、それに適した機能が付いているか確認しておくことも大切です。

・産業用で利用する場合

まず業務で活用する場合には、ドローンが指定したルートを無人飛行させられる自立飛行機能や、空中で本体を制止させる自動ホバリング機能があると便利でしょう。その場合、GPS機能が搭載されたドローンを選ぶ必要があります。

・空撮メインで利用する場合

次に空撮をメインで活用する方は、自動追尾機能が付いているドローンを選ぶとよいでしょう。自動追尾機能とは被写体の後をドローンが自動でトレースする機能です。例えば、車や走っている人の後から動画を撮り続けることが可能なため、中継など動的な映像を収録できる点がメリットだといえます。

また、ドローンに搭載されたカメラの映像を見ながら、まるでドローンに乗って操縦しているかのような臨場感を味わいたい方は、FPV(First Person View:一人称視点)機能が付いた商品がおすすめです。

VRコンテンツなどを見る際に使用するHMD(Head Mounted Display)でドローンのカメラ映像を受信することで、ドローンと同じ視点で景色を見ながら操縦できます。ドローンレースなどを楽しみたい方は、FPV機能が付いたドローンを選ぶケースが多いようです。

おすすめのドローンメーカー3選

次に、おすすめのドローンメーカーについて紹介します。

DJI

DJIは空撮用ドローンでトップシェアを誇るメーカーです。もちろん空撮以外のドローン技術も非常に高く、他社への技術提供なども行っています。「SPARK」や「Phantom」、「Mavic」といった定番ドローンをいくつもリリースしており、空撮以外にもさまざまな用途のドローンを選ぶことが可能です。

今回おすすめするドローンは、DJIの技術をRyze Tech社に提供して生まれたトイドローン「Tello」です。実売価格が1万3千円程度にも関わらず、高画質なカメラやFPV機能をはじめ、ジェスチャー操作によるトリック飛行機能や自動離着陸機能など、さまざまな機能が搭載されています。初心者はもちろん、上級者にもおすすめできるドローンといえるでしょう。

Parrot

フランスのドローンメーカーであるParrot(パロット)も、非常に人気が高いメーカーです。優れた技術を持ち、産業用ドローンからトイドローンまで幅広く展開しています。

同社で最も有名なドローンである「ANAFI」は4K動画の撮影ができる空撮ドローンで、業務で空撮を行う方には特におすすめです。また、トイドローンの「Bebop」なども人気があります。

今回紹介するParrotのおすすめドローンは「Mambo」です。iPhoneやAndroidスマホで操作ができるトイドローンで、FPV機能も搭載しています。障害物センサーなども付いており、ドローンレースなどにも最適でしょう。なお、実売価格は1万5千~2万円程度です。

HolyStone

中国のドローンメーカーであるHolyStoneは、なんといってもそのコスパの良さが人気です。「HS120」や「HS170」、「HS200」など、有名なドローンが目白押しで、サポート体制の手厚さにも定評があります。

HolyStonの一押しドローンは「HS161」です。実売価格が6~7千円にも関わらず、2Kの動画撮影やホバリング機能など、空撮を楽しみたい方にぴったりでしょう。また、折り畳み式で可搬性も抜群なうえに、FPV機能も搭載しておりコスパは最高です。

おすすめメーカーのトイドローンで気軽に始めよう

トイドローンの中には、今回紹介したようなプロユースのドローンに負けない機能を持つものがたくさんあります。これからドローンを始めたいという方は、ぜひ今回紹介した一押しドローンを試してみてください。

免許も必要なく、すぐに飛行が楽しめますので、気軽に始めてみてはいかがでしょうか。